テキストリンク
テキストリンク

アフラック がん保険

アフラックの啓発活動

1974年に、日本初「がん保険」の発売からスタートししたアフラックは、医療保険・介護保険などの保険商品を通じで出逢う人々のために、「がん」の知識を深める啓発活動を行っています。

アフラック日本社創業30周年記念事業として行われた「がんを知る総合展」も啓発活動のひとつです。
がんを知る総合展では、ミクロの世界や、最先端医療から見た「がん」を紹介し、「見る・聞く・触る」を通じて「がん」のことを具体的に知ることができるようになっていました。

「がんを知る総合展」は、東京・大阪・福岡・名古屋で開催され、合計30000名以上の方々が来場されたたようで、がんの知識を深めるとともに「がん保険」の大切さを再認識したことでしょう。



アフラック がん保険

アフラックのがん保険

アフラックのがん保険は、基本的に21世紀がん保険と優しいがん保険の2種類です。


しかし、アフラックが日本で初めてがん保険を発売した会社であることからもわ
かるとおり、がん保険が主力商品であることに変わりはありません。


21世紀がん保険は、特約MAX21介護プラスなどの特約を付加することにより、結果的にがんとほとんどの病気やけがを保障できるかたちとなっており、がんに関する給付金、一般の病気・けがに関する給付金、さらに、女性疾病特約を付加できるなど、数多くのプランを選択できるように設計されています。


一方、優しいがん保険は、保障はシンプルであるものの、がんの治療(経過観察のための定期的な検査は除く)を受けた最後の日から10年以上経過している人で、満50歳〜80歳までを対象としており、基本的に医師の診断書を必要としないなど、広範な加入者を対象としています。ただし、優しいがん保険はインターネットからは資料請求ができず、アフラックに直接資料請求をするようになっています。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。